ここ最近韓国に留学をする人が増えているようです。
今日はこの大学や大学院に進学するうえで押さえておくべき内容についてお話します。

20180908_125244























それは先生との関係です。韓国では師匠と呼びます。呼ぶときは教授様です。先生様⁽ソンセンニム⁾はNGです。勉強や研究はもちろん重要ですが、教授との関係は無視できません。


韓国では先生に対するリスペクトが異常です。時には両親より敬意を払っているように思えるときもあります。


ご存じのように、韓国には母の日や父の日がありますが、同じ月に師匠の日もあります。


師との関係を大切にします。そこで、大学や大学院に入るとがいますが、この指導教授との関係に気を使います。もちろん、その専門分野の第一人者ですから、尊敬に値するのは確かですが、指導教授に気を使いすぎるところがあるように思います。


そして、勉強はほとんど自分で一人でやらなければなりません。つまり、教授に相談したり、質問したりすることはあまりないと思っていいと思います。もちろん、研究室に訪ねていけば、それなりの対応はしてくれます。


基本的には、大学や大学院にいたとしても、独学でこなしていくという姿勢が求められます。


私は大学に関しては、韓国で学びたいものがあれば、韓国に進学してもいいと思いますが、そうではなく、ただ韓国に行きたいということであれば、日本の大学に入ることをお勧めします。


まず、第一に、韓国語で授業についていくことはしんどい。もちろん韓国語の実力がある程度あればいいですが。専門分野を韓国語で学び、レポートを書くのは簡単ではなさそうです。


第二に韓国に来たとしても、日本人は日本の大卒を気に入ります。そのほうが一目を置かれます。


第三に韓国語習得ならば、語学堂などで半年か1年で十分かと思います。

すこし話がずれたようですが、韓国の大学は言葉の問題と指導教授との関係この二つがポイントであるという話でした。


そしてこの師匠との関係は生涯続くと思っていいと思います。祝日には贈り物を送ったり、メッセージを送ったり、韓国では結婚の媒酌人などを頼んだりもします。


<関連韓国語>

주례
ジュレ
媒酌人

스승
ススン
師匠、先生

지도 교수님
チド キョウスニム
指導教官

韓国語の敬語⁽絶対敬語、目上の人の位置を高める敬語。動詞に「시」をつける。
가다. 가십니다.
오다. 오십니다.

敬語とぞんざい言葉を使い分けます。

韓国大学進学にはぜひ敬語をマスターしていきましょう。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


音楽から語学、趣味まで300種類以上の習い事の中から選べる【サイタ】