アンニョンハセヨ! 韓国在住のさんぽです。 韓国在住で、韓国での日常や文化社会全般を配信しています。東京の世田谷で生まれ育ちました。東京にあるJ大学を卒業。文章を書くのが好きで、ブログを始めました。趣味は旅行、読書、水彩画です。毎朝読書と散歩は欠かさずしてます。将来の夢は本を書き、絵を描きながら、色々な国を旅することです。韓国での生の情報を発信できたらいいと思ってます。韓国を知るのにお役にたてるよう配信を心がけてます。 ぜひご購読お願いします。チャルプタッカムニダ!

2019年10月18日 20:28

こんにちはファナムです。

韓国にいると時間の感覚がずれてくるときがあります。

というのも韓国の人が夜とても強いのです。私はもともと朝方だからもっとそう感じるのかもしれませんね。

平均的というか一般的に夜につよい国柄なのかもしれません。

でも、でもです。朝早く出かける人も多いのです。それが早朝の祈祷に教会へと出かける人です。

私の住んでいるところは早朝になるとごそごそ人が出ていく音がします。韓国はいたるところに教会があることを考えると、この人数は相当ではないかと思います。

では朝に強いのではとも思われたりしますね。夜なのか朝なのか。

日本は私の私見ですが、朝早起きする人が多いかと思います。
朝のラジオ体操。
朝のマラソン、ジョギング
朝の掃除
などの光景を日本ではよく目にします。

夜は?すぐに店を閉めるなどですね。

私の結論では韓国の国は夜だと思ってます。その例をあげます。

1、夜遅くまでお酒を飲む。2~3次会まで普通。最近は飲み会は減っているようですが。


2、夜食をする。夕食を食べてまた夜食をする。それがチキンつまりフライドチキンの配達が繁盛。大繁盛なんです。

07010901













定年退職した人はチキンの店といわれるほど、この店は多く、また定年後の仕事に適当と言われます。儲かるのです。夜食の文化がそうさせるのでしょう。


ure_36










夜中バイクはビュンビュン飛ばして走ってます。いたるところにです。


3、よる自己啓発で勉強するひとが多くなっている。夜間学校に通うひとが多いのです。韓国人は生涯なにかを勉強しなければ気が済まない。そんな印象を受けます。


4、高校生の夜中までの自習(学校で)大体10時ぐらいまで。



15bbdc01fae47a275967c48b395ba5e9

















こう見てくると夜強くなるのは当り前のようです。

よく思うのはあれだけ夜遅くまで、お酒飲んで次の日はもう出てこれないかなと思いきや、何もなかったように朝から仕事に励んでいるところを見たことがあります。


では早朝の祈祷はなんだ、あれは朝ではないか。と思うでしょうが。

じつは夜中に起きてそして出発してます。大体4時ごろでしょう。真っ暗闇です。

だからこれも夜に該当します。

韓国にこれから留学や生活を考えてる方はこの点を知っておくことがいいと思います。

つまり、夜遅くまで、朝早くの体力が必要ということでしょうか。睡眠時間の確保を個人的にもつことを意識的にすることをお勧めします。



まずはオンラインで韓国語を学びましょう!




2019年10月12日 19:49

今、台風が関東に近づいてますね。

私の実家(東京)もかなりの雨量で、心配です。玉川などはかなりの水量みたいですが。

とにかく、被害を最小限におさめてほしいと願うばかりです。

こちら韓国も風がありましたね。こちらでもその風の勢いでから、そうとうなものだと予想できます。

九州がいつも犠牲になるのですが、九州の方々の気持ちがようやくわかるようです。

福岡の時も思ったのですが、何とかこの文明の力で最小限に被害を食い止めたりはできないのかと思うのです。

人間が勝手に自然を破壊しておき、そのしっぺ返しで異常気象になっているかもしれませんが、それでも自然災害はいつの時代にもあったようです。

ではそれに対して対策をできる何らかの研究が進んでいるはずなのですが、目に見える成果はでてない気がするのです。

私は思いました。一国だけでは限界がある。これからは、多国間で共同しながらの研究や災害の対策が必要で、とくに台風の多い地域である日本、韓国、台湾など協力していく必要があるのではないでしょうか。

よくない日韓関係の現実はありますが、こうした災害を中心として力と智慧を振り絞れば、お互い歩み寄れる道が開かれるのではないでしょうか。

対岸の火事 では すまされないこの台風。さらに最近韓国も地震があるのです

災害の対策は多国籍でするものと思っています。

そうすれば、共感できる何らかの一致点が見いだせるのではないかと思います。

土木の技術、建築の技術、さらには、気象衛星などの点で協力する部分はたくさんあるようです。

軍事費もあるていど必要ですが、これからは災害対策に費用がさかれるときにきているようです。

とにかく今日は被害が拡大しないことを、祈るばかりです。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


2019年10月11日 11:03

韓半島は陸続きです。

今は分断されていて、北朝鮮があるから、あまり実感はもてないかもしれないのですが、

歴史的にもこの北方の民族や中国の政権への警戒心は並大抵ではなかったはずです。

さて、そこで古代にさかのぼると、隋と唐という強国と対峙していかなければならない。もちろんその前の王朝である漢ともそうであったでしょう。

高句麗はまさにそんな隋と唐との侵攻の的にさらされるのですが、何度も侵略されながらも、もちこたえるのです。隋は何百万という兵士を動員したといいます。しかし、それでも高句麗は落ちないのです。結局隋は高句麗の侵攻の敗退で国が滅びていきます。

次に支配した唐もそうです。高句麗に侵攻してきます。

それを映画「安市⁽アンシ⁾城」という映画が語っています。

唐は何十万という軍勢を率いてくるのですが、籠城した高句麗の兵士がそれに立ち向かいます。その何十万の兵士に対して高句麗は抵抗し、奇跡的に唐の軍隊を追い返すのです。

映画と事実はかけ離れているところもあるでしょうが、危機一髪ののところを切り開いていく。

昔見たヒーローものやアニメの世界を思い出します。ヒーローが危機一髪のところで、知恵や力を合わせて勝ち抜いていく。ピンチを乗り越えていく。

そういえば、韓半島は外侵といって、数百回の侵攻⁽外国の侵略⁾を受けた歴史があるといいます。地理的にも、そういう外侵の歴史の連続だったといいます。

そして、最後の最後の危機一髪のところで道が開かれるというのです。

たしか、韓国動乱のときも、南はプサンをのこして、ほとんどが北が包囲していたところに、あのマッカーサーのインチョン上陸作戦が的中し、今の38度線まで追い上げたといいます。

そんな歴史的な背景があるのか、定着ということはなかったといいます。つまり、いつも移動しながら、住まいを変えながら生きていく。

日本にくらべて、移動、つまり引っ越しも多いです。そして、お店もすぐに移転したり、店じまい、変わるのがはやいです。

海外移住したり、海外に留学する人もおおい。

半島という地理的な位置を韓国という国を語るときには無視できないようです。




プロフィール

fanam

オンラインで韓国語!ネイティブと楽しくおしゃべりスタディ
海外航空券ホテル
メッセージ
韓国語レッスン
読者登録
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村
Twitter プロフィール
ギャラリー
  • 韓国って夜の国それとも朝の国?韓国人のバイタリティー
  • 韓国って夜の国それとも朝の国?韓国人のバイタリティー
  • 韓国って夜の国それとも朝の国?韓国人のバイタリティー
  • ハングルの日の旅行はどうか?祝日になりました。
  • ハングルの日の旅行はどうか?祝日になりました。
  • 秋の韓国旅行で気をつけたい5つのこと。
  • 韓国神話、加羅(伽耶)。任那と日本。その関係はいかに?
  • 韓国の建国記念日、開天節(けちょんじょる)。檀君神話から制定。
  • 聖徳太子の太子とは、新羅ファラン(花郎)との関係。
RSS
  • ライブドアブログ

スポンサードリンク